2011-08-08

1学期を振り返る ~授業開き編~

夏休みで時間もあることだし、自分の授業記録も兼ねて1学期を振り返りたいと思います。授業でやった内容は、色々な先生のアイディアを頂いたものだけど、それを紹介するとともに、授業に関してコメントを頂けたらうれしいです。

今日は第1弾。
まずは授業開きから。授業開きでは、授業での約束、必要な学習用具、勉強のやり方、評価の方法などをプリントで確認しながら読み合わせをしていくオリエンテーション的な感じなんだけど、そのオリエンテーションの前に、バースデーラインというエンカウンター活動を行いました(ネタはいつも授業のアイディアでお世話になっているanfieldroadさんのブログから)。
このバースデーラインは、話すことも書くこともせずに、クラス全員が誕生日順に一列に並ぶという活動。僕の予想では1020分くらいかかるだろうと思っていたんだけど、1年生2クラスともまさかの130秒。しかも完ぺき。∑(=゚ω゚=;) マジ!?
うちの学校は、小さい小学校から、しかも1校だけで上がってくるので、お互い良く知っていて仲も良いんだけど、それにしても130秒は驚きでした。

この活動を通して、コミュニケーションの方法はたくさんあるんだよということを伝えました。ことば、ジェスチャー、表情…その中で、ことば(英語)は手段の1つでしかなく、その手段を使ってみんなは何をしたいかな/何ができるかなと問いかけて、授業のオリエンテーションへ入りました。英語の学習は目的ではなく手段の1つなんだよということを伝えたかったわけです。まぁ、1年生ということで理解できるかは別として、いつか思い出してくれたらうれしいかな。1年間この子たちを担当することができたら、そういう意識も養うことができたかなぁ。。

オリエンテーションでは、前述のとおり、授業での約束、必要な学習用具、勉強のやり方、評価の方法などを書いたプリントを配布して読み合わせをしたんだけど、anfieldroadさんのブログにもあったような、1年後できるようになること」リストを配布できたら良かったなと思います。1年間英語を学習したらこんなにもできること(表現できること)が増えるのだと生徒自身の学習の目標にもなるし、今の自分はここまでできてるなという自己評価もできるしね。
後から書く予定だけど、1年間を見通した授業計画を立てることができなかったため、こうした「1年後できるようになること」リストも作ることができませんでした。これは次への課題ですね。

2011-08-04

8月は無職月間

はい、タイトルにもある通り、8月は無職です。
補充期間が1学期間だったため、7月いっぱいで前の中学校とはお別れになりました。
寂しい。。

ていうか、前の更新から3ヶ月…また放置ですね。
なんか、前の記事では、「時間を見つけながら報告します~」なんて書いちゃってたけど、そんな時間なかったな。初めてということもあって、授業の準備や学級経営、部活とかですぐに1日が終わっちゃう感じでした。でも、特に授業に関して、事前計画をしっかり立てることができなかったのが時間に追われる大きな原因だと分かったので、その課題を次に生かせるようにしたい。そうしたら、少しは時間にも余裕ができてくるかなぁ。それでも、毎日とても充実していて、とても楽しかったから良かった。

そんなこんなで1学期間だけの補充が終わりました。すぐに臨任希望を出して、いつ来るかなーなんて待ってたら、昨日連絡が!
今度はお隣の中学校に補充となりました。思ったより早くてビックリ。
ただ、今回は介護休の代わりだそうで、期間は2ヶ月。何とも微妙な期間。たぶんこれ終わったらもう補充は無いかなぁ…これが臨時の辛いとこですね。
anyways, 誰かがやらなければいけないし、それなら僕がやりましょう!本当に短い期間だけど、生徒と遊びながら英語の面白さを少しでも伝えることができれば良いなぁ。

というわけで8月は無職!
この間に前任校でどんなことをやったかを全然伝えていないので、期間は前後しますが、授業実践を報告したいと思います。
本もたくさん読もう!