2011-03-02

私の英語学習歴を振り返る


anfieldroad さんの「英語教育ブログみんなで書けば怖くない!」(http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20110301/p1)という面白い企画に遅ればせながら参加してみようと思います。

記念すべき第1回のテーマは『私の英語学習歴』
ということで、自分自身の英語学習歴を振り返ってみたいと思います。


私の英語学習は中学校から始まるのですが、中学校ではこれといった英語学習を特別していない。普通に授業を受けて、ノートとって、ワークをやって、テスト前に勉強してという感じだった。当時は、文法訳読式のスタイルで教えられていたので、文法ばっかりやったイメージしかない。他教科と同じように知識を詰め込む学習スタイルで、3単元の -s have + 過去分詞 = 現在完了みたいな文法知識はバッチリ覚えていた。
また、進学塾に通っていたので、数多くの問題量をこなす中で、英語を身につけていったように思う。中学の時に出会った問題で、My grandfather died five years ago. = My grandfather has been dead for five years. というのがあって、この現在完了形の使い方に感動したことを覚えている。なんかね、自分が面白いと思った表現はすぐにインプットしてた気がする。

高校でも、最初はあまり英語は好きな方ではなかったし、むしろ初めの頃はちょっと挫折しかけた。でも、どのタイミングだったか全然覚えてないけど、次第に英文法に惹かれていった。私はもともと理系で、論理的に物事を考えることや、規則を見つけ出し、自分なりの一般化や仮説を立てるのが好きだったこともあり、文法の問題についてあれこれ考えることは好きだったので、高校の英文法の授業の中で、今までただ詰め込んできた文法知識が1つずつ解き明かされていくことに感動して、英文法にはまっていったのかもしれない。センター試験や最初に受けた大学での英語の二次試験の結果はそれほど良くなく、一浪することになるのだが、浪人中は、チャート式 & ロイヤル英文法を読んで解きまくって、独学で文法を身につけていった。その成果は、センター試験190オーバーという形で見事に表れた。


そんな文法大好き青年は、大学で英語科に進学し、恩師 krfj 先生と出会い、英語学を専門にすることに決める。1年次で取った英文法の授業でこの先生についていこうと思い、大学院卒業するまで + 交換留学1年の、計7年は英語学漬けだった。大学ではほとんど英語の勉強という感じでやった覚えはなく、授業の予習や復習を通して英語を勉強していた感じ。文学の授業を除いて(文学は本当に受け付けなかったw)、大学の講義の予習や復習には手を抜かなかった。英語科だったので、それだけで十分なインプットは得られていたと思う。大学時代にとても勉強になった本は、英文法の授業で扱った Grammar in Use 。これは今でもたまに引っ張り出して参考にしている。最近本屋に行ったら、これの日本語版も出ていてそそられた。



そうそう、英語の勉強と言えば、大学4年の時にはさすがに焦って、英検準1級くらいは取っておこうと思い、勉強したけど、語彙がやたらめったら難しかったので、語彙ばっかり勉強してたね。私の場合、語彙を覚えるのは発音して何度も書くことだった。これは高校時代からずっと変わらない。というか、それしか知らない。

私は大学での勉強に飽き足らず、そのまま同大学の大学院に進学する。もともと英語教師になると決めていたので、大学院では、英語学と英語教育のダブルメジャーという感じだった。そして、大学院時代の課題でさらに英語力はついたと思う。特に英語教育の講義では、教科書を読みまくって、レジュメ書いて、ディスカッションしてという感じだったので、本当に英語漬けだった。苦しかったけど、あれは本当に鍛えられた。英語学もほとんど文献は英語だったので、それを読んで先生とディスカッションしたり、課題をやったりだったので、まぁ英語専門だから当然と言えばそうかもしれないが、かなりの量の英語に触れたと思う(代表作は下の本たち)。また、卒業論文、修士論文共に英語で書いたので、そこでライティングのスキルも身につけたかも。


これまで見ての通り、リーディングやちょっとしたライティングには触れているが、リスニングやスピーキングに関してはほとんどやっていないことが分かる。そのため、修士2年次の夏から行った交換留学 in MSU (約10カ月)は大変だったし、少し恐怖だった。典型的な日本人ですね。難しい内容を読めるけど、アウトプットは苦手みたいな。しかも、自分の性格上、あまり社交的でもなく、アメリカの学生らのテンションについていけなかったので、一般的な留学生に比べて話す機会はあまり多くなかったかもしれない。それでも、その交換留学で、それまで大の苦手だったリスニングやスピーキングに関して、多少は自信が持てるようになった。
もちろん、留学中も、英語学と英語教育の2つの講義を中心に受講し、英語力は4技能共に鍛えられた。

帰国後は、修論を終わらせて卒業し、ずっとアルバイトしていた塾に講師として就職し、現在に至るのだが、英語の勉強はあまりしていない。唯一やっているというか、去年から始めたのがシャドーイングだ。留学で得たリスニング力やスピーキング力の衰えを感じて、「このままでは前の状態に戻ってしまう!」と焦ってる時に友達からシャドーイングを勧められた。ポッドキャストを使ってるけど、これがなかなか面白くて良い。どれほど自分の力になっているのかは?だが、これまでおろそかにしていた、発音や音に注意を向けるようになったので、これは結構良い機会になった。


English as a Second Language Podcast (iTunes からダウンロードできます)

今でも文法や英語の表現などについて考えるのは好きで、授業や生徒からの質問で気になったことをあれこれ考えたり、自論を展開するのが好きな生徒もいるので、そういう生徒と話すことで、それはそれで勉強になる。当面は、採用試験合格と英検1級もそろそろ取りたいので本格的に勉強しないとなと思う。


振り返ってみると、そもそも自分が論理的に考えることが好きで、文法に関して抵抗がなかったから、このような英語学習でうまくいったものの、文法とかいちいちめんどくせーという感じだったら、中学校あたりでつまづいていたかもしれない。そう考えると、教師というものは、指導のやり方次第で生徒をもちろん伸ばすことができるが、一方で生徒の芽を摘み取ってしまうこともあるのだと感じた。そして、自分が教壇に立っている今、自分の教え方はどうかと自分自身の指導法を省みるきっかけにもなった。
この企画を考案してくださったanfieldroadさんに感謝。
そして、最後まで読んでくださった皆さんに感謝です。