2011-01-23

「テスト」と「評価」

最近、「テスト」と「評価」が気になります。

この前、ある高校の実力テストを解いたんだけど、
例えば、次のような空所補充問題、皆さんはどう答えますか。

     (1) 私は感動した。 I was                 .

答えは、touched, moved, impressed など色々考えられるよね。
ただ、学校で教えたのは touched という表現だったとしよう。その場合、moved impressed って書いたら間違いになるのかな。まぁ、オレは意図されていた答えと別の答えを書いたんだけど、解答しながらふと気になったんだよね。

もう1つ。ちょっとタイプは変わるけど、次のような問題はどうでしょう。

     (2) 私の兄は音楽が好き。  My brother                 music.

もちろん答えは likes なんだけど、中学生とかって like って書きそうじゃない?
そして、それって間違いって×にすべき?自分的には別に正解でも良いんじゃねって思ったりもするんだけど。like でも意味は通じるわけだし。言いすぎかな(笑)
でも、こういうところで、英語が嫌いになっていく生徒が多くなってくるような気がする。
実際、「別にどっちも変わらないじゃん!」って言われるしね。
なんか、likes like も正解だけど、likes と書いた君にはプラス点をあげよう!みたいな感じじゃダメなんですかね。


2つの例を出して、オレの意見を書いたんだけど、要は、

  1. テストは、学習者の暗記力を測るのか、伝達能力を測るのか。
  2. (特に中学生)中間言語はテストでどのように扱うべきか/評価すべきか。
ってことなんだよね。

(英語)教師として、授業でやったこと以外でも、自分なりに考えて、自分の持っている知識の中で使える表現を使って別の言い方で表現する積極的な態度はちゃんと評価したいし、発展途上にある学習者の中間言語も認めてあげたいと思う。それが生徒の自信にもつながるし、少なくとも英語嫌いは減らせるように思う。

前々からなんとなーく考えてたことなんだけど、この前『英語教育2月号』のリメディアル教育特集を読んで、ヒントを得たので書いてみました。興味ある方は『英語教育』の方も読んでみてください。

ということで、「テスト」と「評価」が気になる私は、この本を読んで勉強します。
ざっと見た感じ、面白そうだし、上で書いた気になることにも答えてくれそうな本なので、読んだらレビュー書きます。

やや暴走気味に自分の意見を書いてみたけど、皆さんのご意見があれば是非聞かせてください。へこむけど、批判もOKです。

2011-01-14

出来事(事実)は1つ、解釈(捉え方)は無限大

『雨の日も、晴れ男』という本、オススメです。


小説タッチの自己啓発本なんだけど、なかなかおバカで笑えて面白く、
でも学べることが多くて、読んだ後は物事に対する新しい見方が得られるはず。

本の詳細は割愛するけど、この本を読んで思い出した言葉があります。
タイトルにもあるけど、
「出来事(事実)は1つだけど、解釈(捉え方)は無限にある。」
という言葉。

私の尊敬する喜多川泰さんの言葉なんだけど、
例えば、テストで悪い点を取ったとする。それは事実。でも、それに対する解釈は人それぞれ。点数悪くて最悪~とへこむ人もいれば、勉強が甘かったと反省する人、テストに対する自分の取り組みに目を向けて、次へのステップにする人…

こういうことって、意外と分かっているようで分かっていないことなんじゃないかな?
知っているかどうかで、自分の考え方や、友達や周りの人に対する言葉、
将来子どもたちへかける言葉が変わってくると思う。

要は、どんな風に考えたら、自分の人生が楽しくなるかってことですかね。
この『雨の日も、晴れ男』にも似たようなことが面白く書かれています。
1時間もあれば読めるので、暇つぶし程度にも読んでみてちょ。


もう1つ、動画。
自分に起きた出来事について、この人のように考えることができたら素敵じゃないでしょうか。「後付けだろ。」とかいう意見は無しで。

"Gift"


(画面下の view subtitles から Japanese を選ぶと日本語訳が出ます。)

2011-01-11

明けました(開けました)!

2011年の年明けとともに、私のブログも開設しましたよ。

これまで、色々なことを学び、経験してきたんだけど、ずーっとインプットばかりで、
アウトプットしてないなと思い、今まで学んできたことや経験したこと、
そしてこらから学ぶことも含めて、アウトプットする場として本ブログを開設しました。

主に、(英語)教育のことや素敵な本の紹介などをはじめ、趣味のバスケットや音楽なども少し紹介していきたいと思います。

後で振り返って成長を実感できたり、見てくださる方々に何らかの気付きを与えることができたら最高ですね。

ちなみに、"I'm a challenger" というタイトルは、私のメンターの先生が言っていた
おまじない的な言葉です。

「オレはチャレンジャー!」
常に挑戦する勇気を失わずに挑戦し続けます。