2011-08-08

1学期を振り返る ~授業開き編~

夏休みで時間もあることだし、自分の授業記録も兼ねて1学期を振り返りたいと思います。授業でやった内容は、色々な先生のアイディアを頂いたものだけど、それを紹介するとともに、授業に関してコメントを頂けたらうれしいです。

今日は第1弾。
まずは授業開きから。授業開きでは、授業での約束、必要な学習用具、勉強のやり方、評価の方法などをプリントで確認しながら読み合わせをしていくオリエンテーション的な感じなんだけど、そのオリエンテーションの前に、バースデーラインというエンカウンター活動を行いました(ネタはいつも授業のアイディアでお世話になっているanfieldroadさんのブログから)。
このバースデーラインは、話すことも書くこともせずに、クラス全員が誕生日順に一列に並ぶという活動。僕の予想では1020分くらいかかるだろうと思っていたんだけど、1年生2クラスともまさかの130秒。しかも完ぺき。∑(=゚ω゚=;) マジ!?
うちの学校は、小さい小学校から、しかも1校だけで上がってくるので、お互い良く知っていて仲も良いんだけど、それにしても130秒は驚きでした。

この活動を通して、コミュニケーションの方法はたくさんあるんだよということを伝えました。ことば、ジェスチャー、表情…その中で、ことば(英語)は手段の1つでしかなく、その手段を使ってみんなは何をしたいかな/何ができるかなと問いかけて、授業のオリエンテーションへ入りました。英語の学習は目的ではなく手段の1つなんだよということを伝えたかったわけです。まぁ、1年生ということで理解できるかは別として、いつか思い出してくれたらうれしいかな。1年間この子たちを担当することができたら、そういう意識も養うことができたかなぁ。。

オリエンテーションでは、前述のとおり、授業での約束、必要な学習用具、勉強のやり方、評価の方法などを書いたプリントを配布して読み合わせをしたんだけど、anfieldroadさんのブログにもあったような、1年後できるようになること」リストを配布できたら良かったなと思います。1年間英語を学習したらこんなにもできること(表現できること)が増えるのだと生徒自身の学習の目標にもなるし、今の自分はここまでできてるなという自己評価もできるしね。
後から書く予定だけど、1年間を見通した授業計画を立てることができなかったため、こうした「1年後できるようになること」リストも作ることができませんでした。これは次への課題ですね。

2011-08-04

8月は無職月間

はい、タイトルにもある通り、8月は無職です。
補充期間が1学期間だったため、7月いっぱいで前の中学校とはお別れになりました。
寂しい。。

ていうか、前の更新から3ヶ月…また放置ですね。
なんか、前の記事では、「時間を見つけながら報告します~」なんて書いちゃってたけど、そんな時間なかったな。初めてということもあって、授業の準備や学級経営、部活とかですぐに1日が終わっちゃう感じでした。でも、特に授業に関して、事前計画をしっかり立てることができなかったのが時間に追われる大きな原因だと分かったので、その課題を次に生かせるようにしたい。そうしたら、少しは時間にも余裕ができてくるかなぁ。それでも、毎日とても充実していて、とても楽しかったから良かった。

そんなこんなで1学期間だけの補充が終わりました。すぐに臨任希望を出して、いつ来るかなーなんて待ってたら、昨日連絡が!
今度はお隣の中学校に補充となりました。思ったより早くてビックリ。
ただ、今回は介護休の代わりだそうで、期間は2ヶ月。何とも微妙な期間。たぶんこれ終わったらもう補充は無いかなぁ…これが臨時の辛いとこですね。
anyways, 誰かがやらなければいけないし、それなら僕がやりましょう!本当に短い期間だけど、生徒と遊びながら英語の面白さを少しでも伝えることができれば良いなぁ。

というわけで8月は無職!
この間に前任校でどんなことをやったかを全然伝えていないので、期間は前後しますが、授業実践を報告したいと思います。
本もたくさん読もう!

2011-05-03

新生活始めました

ずーっとブログ放置してまして、2か月ぶりの更新となります。

教師として働き始めて、やっと?もう?ひと月が経ちました。
4月は初めての現場という緊張感と慣れない日々の作業で、ブログを書く時間がありませんでしたが、これからはだんだん慣れてくると思うので、時間を見つけながら日々の実践や思ったことなどを中心にブログで報告していけたらいいなぁなんて思っています。

まずは初の赴任校となった僕の学校について。
うちの中学校は英語の授業はすべてT・T(日本人英語教師2人)で行うという、生徒にはありがたい環境。ALTなんか来た日には先生3人体制です。
その中で、僕は1年生と、3年生のT2を担当。1年生は担任も持っているということもあって、生徒たちとの関係も築きやすく、雰囲気は良いです。というか、ここの生徒たち、特に1年生はおりこうさんたち。話もしっかり聞けるし、返事もちゃんと返してくれるので、英語の授業はいつも元気いっぱいです。この部分はずっと大切にしていってほしいなぁ。あと、1年生には帰国子女の子が2人いるんですよね。彼らにとってはさぞかし退屈でしょうが、うまく利用していけたらいいなと思います。1人の子には、"Brazil"の発音が全然違うっていつもチェックされます。笑 僕的にはOKなんだけど…
一方、3年生は、授業でしかあまり絡む機会がないのと、思春期ということも手伝ってか、なーんか遠慮してる感じ。中にはフレンドリーに話しかけてくれる子もいるけど、みんな様子見してる感じですね。まぁ、これから仕掛けていけば大丈夫だとは思いますが。

僕にとっては初めての学校で、しかも担任。右も左も分からない不安なスタートでしたが、それを支えてくれているのが、隣の担任のベテラン先生。とても気にかけてくれていて、学級で必要なものから掲示物まで、たくさんのアドバイスをくれるので、とても助かっています。新任や若い先生たちの気持ちも汲んでくれるので素敵です。その先生だけでなく、うちの学校の先生たちは校長・教頭先生はじめ、最高の先生方がいて、最初の赴任校がこの学校で良かったとつくづく感じます。

あ、あと、部活はバスケじゃなくてバレー部の副顧問になったけど、なかなか面白いです。分からないことの方が多いけど、ボール拾いとかしながら生徒と楽しみます。

授業のことも書こうと思ったけど、長くなりそうなので分けて書きます。今回は学校紹介まで。

2011-03-02

私の英語学習歴を振り返る


anfieldroad さんの「英語教育ブログみんなで書けば怖くない!」(http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20110301/p1)という面白い企画に遅ればせながら参加してみようと思います。

記念すべき第1回のテーマは『私の英語学習歴』
ということで、自分自身の英語学習歴を振り返ってみたいと思います。


私の英語学習は中学校から始まるのですが、中学校ではこれといった英語学習を特別していない。普通に授業を受けて、ノートとって、ワークをやって、テスト前に勉強してという感じだった。当時は、文法訳読式のスタイルで教えられていたので、文法ばっかりやったイメージしかない。他教科と同じように知識を詰め込む学習スタイルで、3単元の -s have + 過去分詞 = 現在完了みたいな文法知識はバッチリ覚えていた。
また、進学塾に通っていたので、数多くの問題量をこなす中で、英語を身につけていったように思う。中学の時に出会った問題で、My grandfather died five years ago. = My grandfather has been dead for five years. というのがあって、この現在完了形の使い方に感動したことを覚えている。なんかね、自分が面白いと思った表現はすぐにインプットしてた気がする。

高校でも、最初はあまり英語は好きな方ではなかったし、むしろ初めの頃はちょっと挫折しかけた。でも、どのタイミングだったか全然覚えてないけど、次第に英文法に惹かれていった。私はもともと理系で、論理的に物事を考えることや、規則を見つけ出し、自分なりの一般化や仮説を立てるのが好きだったこともあり、文法の問題についてあれこれ考えることは好きだったので、高校の英文法の授業の中で、今までただ詰め込んできた文法知識が1つずつ解き明かされていくことに感動して、英文法にはまっていったのかもしれない。センター試験や最初に受けた大学での英語の二次試験の結果はそれほど良くなく、一浪することになるのだが、浪人中は、チャート式 & ロイヤル英文法を読んで解きまくって、独学で文法を身につけていった。その成果は、センター試験190オーバーという形で見事に表れた。


そんな文法大好き青年は、大学で英語科に進学し、恩師 krfj 先生と出会い、英語学を専門にすることに決める。1年次で取った英文法の授業でこの先生についていこうと思い、大学院卒業するまで + 交換留学1年の、計7年は英語学漬けだった。大学ではほとんど英語の勉強という感じでやった覚えはなく、授業の予習や復習を通して英語を勉強していた感じ。文学の授業を除いて(文学は本当に受け付けなかったw)、大学の講義の予習や復習には手を抜かなかった。英語科だったので、それだけで十分なインプットは得られていたと思う。大学時代にとても勉強になった本は、英文法の授業で扱った Grammar in Use 。これは今でもたまに引っ張り出して参考にしている。最近本屋に行ったら、これの日本語版も出ていてそそられた。



そうそう、英語の勉強と言えば、大学4年の時にはさすがに焦って、英検準1級くらいは取っておこうと思い、勉強したけど、語彙がやたらめったら難しかったので、語彙ばっかり勉強してたね。私の場合、語彙を覚えるのは発音して何度も書くことだった。これは高校時代からずっと変わらない。というか、それしか知らない。

私は大学での勉強に飽き足らず、そのまま同大学の大学院に進学する。もともと英語教師になると決めていたので、大学院では、英語学と英語教育のダブルメジャーという感じだった。そして、大学院時代の課題でさらに英語力はついたと思う。特に英語教育の講義では、教科書を読みまくって、レジュメ書いて、ディスカッションしてという感じだったので、本当に英語漬けだった。苦しかったけど、あれは本当に鍛えられた。英語学もほとんど文献は英語だったので、それを読んで先生とディスカッションしたり、課題をやったりだったので、まぁ英語専門だから当然と言えばそうかもしれないが、かなりの量の英語に触れたと思う(代表作は下の本たち)。また、卒業論文、修士論文共に英語で書いたので、そこでライティングのスキルも身につけたかも。


これまで見ての通り、リーディングやちょっとしたライティングには触れているが、リスニングやスピーキングに関してはほとんどやっていないことが分かる。そのため、修士2年次の夏から行った交換留学 in MSU (約10カ月)は大変だったし、少し恐怖だった。典型的な日本人ですね。難しい内容を読めるけど、アウトプットは苦手みたいな。しかも、自分の性格上、あまり社交的でもなく、アメリカの学生らのテンションについていけなかったので、一般的な留学生に比べて話す機会はあまり多くなかったかもしれない。それでも、その交換留学で、それまで大の苦手だったリスニングやスピーキングに関して、多少は自信が持てるようになった。
もちろん、留学中も、英語学と英語教育の2つの講義を中心に受講し、英語力は4技能共に鍛えられた。

帰国後は、修論を終わらせて卒業し、ずっとアルバイトしていた塾に講師として就職し、現在に至るのだが、英語の勉強はあまりしていない。唯一やっているというか、去年から始めたのがシャドーイングだ。留学で得たリスニング力やスピーキング力の衰えを感じて、「このままでは前の状態に戻ってしまう!」と焦ってる時に友達からシャドーイングを勧められた。ポッドキャストを使ってるけど、これがなかなか面白くて良い。どれほど自分の力になっているのかは?だが、これまでおろそかにしていた、発音や音に注意を向けるようになったので、これは結構良い機会になった。


English as a Second Language Podcast (iTunes からダウンロードできます)

今でも文法や英語の表現などについて考えるのは好きで、授業や生徒からの質問で気になったことをあれこれ考えたり、自論を展開するのが好きな生徒もいるので、そういう生徒と話すことで、それはそれで勉強になる。当面は、採用試験合格と英検1級もそろそろ取りたいので本格的に勉強しないとなと思う。


振り返ってみると、そもそも自分が論理的に考えることが好きで、文法に関して抵抗がなかったから、このような英語学習でうまくいったものの、文法とかいちいちめんどくせーという感じだったら、中学校あたりでつまづいていたかもしれない。そう考えると、教師というものは、指導のやり方次第で生徒をもちろん伸ばすことができるが、一方で生徒の芽を摘み取ってしまうこともあるのだと感じた。そして、自分が教壇に立っている今、自分の教え方はどうかと自分自身の指導法を省みるきっかけにもなった。
この企画を考案してくださったanfieldroadさんに感謝。
そして、最後まで読んでくださった皆さんに感謝です。

2011-02-22

AさせたいならBと言え

先輩からある漫画を勧められて読んだら、めちゃくちゃ面白かったので紹介します。
Giant Killing』っていうサッカー漫画。
雑誌モーニングで連載中、単行本は18巻まで(以下続刊)。NHKでもやってるみたい。


この漫画は、地元のチームを率いる指導者(元選手)が、選手たちに気付きを与えながらチーム・選手を育てていくというストーリー。部活の指導がしたくなります。笑

この漫画を読んで私が思ったのは、相手に何かをさせたい・気付かせたい時、その方法は思いもよらない切り口に存在することがあるということ。つまり、一見何も関係のないことをすることで、気付きを与えることもできるということだ。そういう視点を持っている人は、広い視野を持って物事をとらえることのできる、素晴らしい指導者・教育者と言えるだろう。ただ、そこにもう1つある要素を加えるとさらに最強の方法になると思う。
それは、その方法が「楽しいかどうか。ワクワクするかどうか」ということだ。
指導する側、される側の両方にとってね。

こう考えると、結局自分がやることってシンプルになってくるんじゃないでしょうか。
楽しいか楽しくないか。ワクワクするかどうかを考えればいいわけだから。

このような考えは、相手にとっては、意味不明で、批判されたり、分かってもらえないこともあるだろう。それでも、自分軸がしっかりしていれば、自信を持って行動に移すことができるだろう。
ブレない軸が大切ということですね。


自分自身は、どんな時に楽しい、ワクワクするのだろうかと考えてみた。
私の場合、生徒や友達に何かを教えたり、成長を感じたりする時や、自分の興味のあることについて深く勉強して、何かひらめいた時にかなり興奮を感じる。
そう考えてみると、生徒の力を引き出しながら、共に成長していくということに魅力を感じたから教師になろうと思ったのだと再確認することができた。

やはり、楽しいかどうか。ワクワクするかどうかがポイントですな。
あとは、そのポイントをいかに英語の授業や指導という面に応用していくかが必要になってきますね。(これだけ書いてあまり具体的な案はなかったという…笑)

2011-01-23

「テスト」と「評価」

最近、「テスト」と「評価」が気になります。

この前、ある高校の実力テストを解いたんだけど、
例えば、次のような空所補充問題、皆さんはどう答えますか。

     (1) 私は感動した。 I was                 .

答えは、touched, moved, impressed など色々考えられるよね。
ただ、学校で教えたのは touched という表現だったとしよう。その場合、moved impressed って書いたら間違いになるのかな。まぁ、オレは意図されていた答えと別の答えを書いたんだけど、解答しながらふと気になったんだよね。

もう1つ。ちょっとタイプは変わるけど、次のような問題はどうでしょう。

     (2) 私の兄は音楽が好き。  My brother                 music.

もちろん答えは likes なんだけど、中学生とかって like って書きそうじゃない?
そして、それって間違いって×にすべき?自分的には別に正解でも良いんじゃねって思ったりもするんだけど。like でも意味は通じるわけだし。言いすぎかな(笑)
でも、こういうところで、英語が嫌いになっていく生徒が多くなってくるような気がする。
実際、「別にどっちも変わらないじゃん!」って言われるしね。
なんか、likes like も正解だけど、likes と書いた君にはプラス点をあげよう!みたいな感じじゃダメなんですかね。


2つの例を出して、オレの意見を書いたんだけど、要は、

  1. テストは、学習者の暗記力を測るのか、伝達能力を測るのか。
  2. (特に中学生)中間言語はテストでどのように扱うべきか/評価すべきか。
ってことなんだよね。

(英語)教師として、授業でやったこと以外でも、自分なりに考えて、自分の持っている知識の中で使える表現を使って別の言い方で表現する積極的な態度はちゃんと評価したいし、発展途上にある学習者の中間言語も認めてあげたいと思う。それが生徒の自信にもつながるし、少なくとも英語嫌いは減らせるように思う。

前々からなんとなーく考えてたことなんだけど、この前『英語教育2月号』のリメディアル教育特集を読んで、ヒントを得たので書いてみました。興味ある方は『英語教育』の方も読んでみてください。

ということで、「テスト」と「評価」が気になる私は、この本を読んで勉強します。
ざっと見た感じ、面白そうだし、上で書いた気になることにも答えてくれそうな本なので、読んだらレビュー書きます。

やや暴走気味に自分の意見を書いてみたけど、皆さんのご意見があれば是非聞かせてください。へこむけど、批判もOKです。

2011-01-14

出来事(事実)は1つ、解釈(捉え方)は無限大

『雨の日も、晴れ男』という本、オススメです。


小説タッチの自己啓発本なんだけど、なかなかおバカで笑えて面白く、
でも学べることが多くて、読んだ後は物事に対する新しい見方が得られるはず。

本の詳細は割愛するけど、この本を読んで思い出した言葉があります。
タイトルにもあるけど、
「出来事(事実)は1つだけど、解釈(捉え方)は無限にある。」
という言葉。

私の尊敬する喜多川泰さんの言葉なんだけど、
例えば、テストで悪い点を取ったとする。それは事実。でも、それに対する解釈は人それぞれ。点数悪くて最悪~とへこむ人もいれば、勉強が甘かったと反省する人、テストに対する自分の取り組みに目を向けて、次へのステップにする人…

こういうことって、意外と分かっているようで分かっていないことなんじゃないかな?
知っているかどうかで、自分の考え方や、友達や周りの人に対する言葉、
将来子どもたちへかける言葉が変わってくると思う。

要は、どんな風に考えたら、自分の人生が楽しくなるかってことですかね。
この『雨の日も、晴れ男』にも似たようなことが面白く書かれています。
1時間もあれば読めるので、暇つぶし程度にも読んでみてちょ。


もう1つ、動画。
自分に起きた出来事について、この人のように考えることができたら素敵じゃないでしょうか。「後付けだろ。」とかいう意見は無しで。

"Gift"


(画面下の view subtitles から Japanese を選ぶと日本語訳が出ます。)

2011-01-11

明けました(開けました)!

2011年の年明けとともに、私のブログも開設しましたよ。

これまで、色々なことを学び、経験してきたんだけど、ずーっとインプットばかりで、
アウトプットしてないなと思い、今まで学んできたことや経験したこと、
そしてこらから学ぶことも含めて、アウトプットする場として本ブログを開設しました。

主に、(英語)教育のことや素敵な本の紹介などをはじめ、趣味のバスケットや音楽なども少し紹介していきたいと思います。

後で振り返って成長を実感できたり、見てくださる方々に何らかの気付きを与えることができたら最高ですね。

ちなみに、"I'm a challenger" というタイトルは、私のメンターの先生が言っていた
おまじない的な言葉です。

「オレはチャレンジャー!」
常に挑戦する勇気を失わずに挑戦し続けます。